広告 読書&映画記録

【映画】マイヤ・イソラ旅から生まれるデザインを見てきました

大好きなマリメッコのファブリックデザイナー、マイヤ・イソラのドキュメンタリーが公開されたので見てきましたよー!

マイヤ・イソラ

マイヤ・イソラといえば、マリメッコの代名詞と言っても過言ではないあのウニッコのデザイナーです。
我が家にもファブリックパネルを飾っています。

そして映画を見て気が付いたのですが、もう一個我が家にマイヤのデザインのポスターがありました。
それがKaksoset。うちにはポスターがあります。

ヒューマントラストシネマ有楽町ではマイヤについての記事や作品が掲示されていて、映画と合わせて楽しめました。

映画を見にきていた方々もみんなマリメッコを身に纏っていて素敵でした。ウニッコ率が高くて、ウニッコのバッグやワンピース、帽子をさらりと身につけている人が多くて素敵でした。

実はウニッコのキャップを持っているのですが、あまり使用していないので今年はガンガン使いたいなぁ。

marimekko(マリメッコ)
¥3,200 (2023/03/15 17:47時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

凄絶なマイヤの人生

実はマイヤのことは映画の情報を知るまで、全く知りませんでした…。なので前情報なく映画を見に行ったのですが、マリメッコ創業者のアルミ・ラティアに引けを取らない凄絶な人生でした…。

マリメッコ創業者のアルミ・ラティアに関しては、映画「ファブリックの女王」はAmazon primeで見たことがあります。
アルミも、何度も破産の危機に陥ったり、夫や家族と軋轢が生じたり、次から次へと窮地に陥っていて、「なんて凄絶なんだ…」と思いながら見ましたが、マイヤ・イソラの人生もかなり凄絶。

19歳で出産、3度の結婚と離婚、人生を旅に費やしたイソラ。
彼女の作品から想像していたマイヤ自身の印象とは全く異なる激動の人生で、空いた口が塞がらなかったです。彼女の怒涛の人生を、旅先からの手紙や日記、娘の証言から自分語りで語られます。

出演:ミンナ・ハープキュラ, 出演:ラウラ・ビルン, 出演:ハンヌ・ペッカ・ビョルクマン, 出演:レア・マウラネン, 出演:ヤーコブ・オールマン, Writer:カロリーナ・リンドグレーン, 監督:ヨールン・ドンネル, プロデュース:ミーシャ・ヤーリ, プロデュース:マーク・ルオフ
¥2,500 (2023/03/15 17:25時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

彼女の人生にリンクして、生み出されていく作品の背景を知ることができて興味深かったです。
大画面のスクリーンでイソラのデザインを見ると、圧倒されますね。

豊たな色彩やモチーフの裏側があんなことになっていたなんて…。とちょっとほろりとしたり。

個人的に1番驚いたのは、人生のほとんどをパリで過ごしていた点ですね。映画の中でもフィンランドでの暮らしの様子はほとんど出てこなかったのが驚きでした。
パリにいる間はムーミンの作者、トーベヤンソンとも会っていたという話がでてきて、個人的に1番興味深いエピソードでした。

あとパンフレットがすっごく可愛くて!パンフレットというよりも図案集という感じで、マイヤのデザインが盛りだくさんでした。

久しぶりに好きなデザインに没頭できて幸せな時間だったなぁ。

著:マイヤ・イソラ(1927〜2001)
¥4,363 (2023/03/15 17:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ささかま

オーストリア移住を夢見て、日本に住む会社員。 ペットの政宗、オーストリア、食、本、旅行記、インテリアなど雑多に綴っています。

人気記事

1

愛猫の政宗さんと東北新幹線に乗車しました。猫を新幹線の乗せる際の注意点やチケットの買い方、乗車に向けて準備したものをまとめました。

2

抜け毛将軍、政宗 ここ最近、東京では雪が降るくらい冷え込んでいます。政宗さんは相変わらず寒がらないのですが、最近は毛がいつもに増してもふもふしてきました。普段の ...

3

オーストリアから日本へ持ち帰ったお土産たち、雑貨編です。ウィーンはちょこちょこと蚤の市が行われていたり、セカンドハウスショップやミュージアムショップが多いのでウ ...

4

EQUALS(イコールズ)のテレビ台を購入! ついに買ってしまいました、EQUALSのWALL A2テレビスタンド!!昨年末から「とにかく部屋をすっきりさせたい ...

5

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテル、グランドニッコー東京ベイ 舞浜のニッコーデラックスルームに宿泊してきたのでレポします。

-読書&映画記録
-