当サイトはアフィリエイト広告を使用しています

特別展「大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語」

東京科学博物館の特別展「大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語」にいってきました! https://daiei-miira.exhibit.jp/

行ってきました!
今回はミイラをCTスキャンして画像解析!というのが目玉です。
これがすごく面白かったです。

CTから生前の健康状態やら、ミイラにされた経過とかもわかるんですよね。
技術の発達ってすごーい。

大人のミイラは病歴に歯周病と記載されていることが多かったですね。
美味しいものいっぱい食べてたんだろうな…。
あとやっぱ歯の健康っていろいろな病気の原因になるのね、などと思いながら見てました。

展示会会場ではCTスキャンから映像で解析したものが展示されていて、どのくらいの厚みの布で巻かれてるとか、体内の詰め物がどんなものが入ってるとか色々解析されてって面白かったです。

ミイラの社会的属性とか、外の木箱の絵から関連する装飾品や楽器なんかも展示があったり。
アヌビス神がすきなので、壁画や置物も楽しく観賞しました。

カタコンベを実寸大で再現!というのもあり、面白かったです。
いつかはエジプト行って実物を見たいなぁ…。

お目当ての猫のミイラ

そして一番見たかった猫のミイラ!これはなんというか、こけしみたいでした。

なんでこれを入手しようと思ったのかな。猫好きだったのかな。
ちなみにこれを入手した蜂須賀正氏さんと言う方はツタンカーメン王の墓を日本人として初めて訪問した方だそうです。

この猫のミイラもCTスキャン画像をもとに作成した映像があったのですが、どうやら幼獣のようです。
ミイラにされた理由はよくわかっていないそうなのですが、古代エジプトでは猫が神聖なものとされていたので、なんか祀ったのかな。

大英美術館にはもっとTHE 猫!という猫のミイラがあるんですよね。
なんかこれはコケシみたい!

このコケシタイプは大英美術館にもあった気がします。
げそっとした顔の猫だなぁって思って見た記憶があります。残念ながら当時のワタシは写真を撮っていなかったので、詳しくはググってください。

国立科学博物館のミュージアムレストランレストラン 「ムーセイオン」

ミュージアムレストランやカフェ、大好き人間なのですが、実は国立科学博物館のレストランは今回初めていきました。

ミイラ展とのコラボメニューもありましたが、どうしてもハンバーグが食べたくてハンバーグプレートを注文。

初めて知ったのですが、こんな展示を眺められる場所にあるんですね。
鯨の標本を眺めながらコーヒーもいただきました。

これ、上から見た時なんの生き物かわかりませんでした。形的にはカモノハシだけど、こんな大きいはずがない。

と思って、食後に展示室を見にいったらジュゴンでした。下から見るとムチムチで可愛い。
科学博物館は常設も見るものがいっぱいあって楽しいですよね。

大英博物館、実は行ったことがあった

ぽちぽち眺めていて、そういえば大英博物館行ってこれ見たなーってふと思い出しました。
大学のサマースクールコースとかでイギリスに滞在したことがあり、休日ロンドンに遊びに行った時に立ち寄ってました。
この時あまり気の合う子がいなかったので、初めて海外を1人で散策してたんですよね。

まだ19歳で、当たり前のように大学の人と行動すると思ってたら、1人で行動することになって結構気を張っていて、あんまり記憶はないです。

でもミイラコーナーは普通に一角にあって、日本なら特別展なのに規模がちがうわ〜と思いながら眺めていたのを思い出します。

ミイラが何体も展示してあるのに、フロアに自分1人だけでちょっと不気味だったな。
なんか写真撮るのもちょっと躊躇いがあって、全然当時の写真は残ってませんでした。

ピラミッドの入り口完全再現!みたいなコーナーは確か実際に中に入れたんですよね。
これ日本で今はいりたかったー!

日本で見ると人が多いものの、解説をちゃんと理解できたのでよかったです。

それにしても、エジプトってミイラやらピラミッドやら色々あって本当に興味深い。
まだまだ気軽に海外は行けなさそうなので、気休めに世界の歩きかたをポチって眺めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA